2019年9月24日火曜日

ご愛読ありがとうございました

こんにちは、管理人です。
あっという間の一か月。
全ての作家さん作品を紹介することが出来なくてすみません。
学生たちが自分の言葉で感じたことを記してきました。
たくさんの素敵な作品に出合うことが出来ました。

また再来年お会いしましょう!
ありがとうございました!


2019年9月23日月曜日

『気配のシルエット』嘉春佳さん(四万温泉エリア)

こんにちは!まちです。
今回は、旧第三小学校の隅っこの教室で出会った作品を紹介致します。

上から吊るされた蝶の群れと、畳まれて床やロッカーに積まれた沢山の古着で、
一つの教室を一杯にしています。


ここに置かれている古着は、中之条で暮らす人々から集めた古着だそうです。

蝶と服。いのちと、いのちを支えるものが多く集まることで、
かつての活気を失ってしまった廃校のいち教室に、まるで生徒らが集まったかのような温もりをたしかに感じられます。

懐かしくて、心地いいこの温もりの正体は、
蝶や古着だけでなく沢山の人々が学び巣立ったこの地・学び舎の存在や
子どもたちが「居た」という 存在の記憶なのかもしれないですね。

2019年9月22日日曜日

『菌は静寂の中で光を見つめる 』渡辺 俊介さん(伊参エリア)

こんにちは、セキです。

今回紹介する作品は、伊参エリアからJAあがつま倉庫にて展示されている
渡辺 俊介さんの作品『菌は静寂の中で光を見つめる 』です。

もともと椎茸の集積や共選加工場として使われていた会場で、
本来の用途で使用されなくなった寂しさを感じさせる。
光はゆっくり動いて、無音の中で時折きのこの胞子や中之条で
よく見られる霧を連想させるスモークが出てくる。
しゃがんで鑑賞することで白く漂う線を見ることができる。
暗い音のない空間は、自分の呼吸音によって並べられた木が呼吸しているように聞こえる。

会場内は、とっても暗いため足元に注意!



2019年9月21日土曜日

『 目を凝らす 耳を澄ます』白石 綾さん(伊参エリア)

こんにちは、セキです。

今回紹介する作品は、伊参エリアのやませに展示されている白石 綾さんの
『 目を凝らす  耳を澄ます』です。

扉の隙間や外の窓からさしこむ光に向かう白い四足歩行の不思議な生物。
目も口もない不思議な生物は、可愛らしくも奇妙でそれぞれ大きさも違い、
1匹いっぴきをじっくり見てしまった。
思いがけないところにいるものもいて、ついつい時間をかけて見たくなる作品。

もしかしたら、居間の障子やリビングのドアを開けると、
この不思議な生物に会えるかもしれない。




2019年9月20日金曜日

「わがんまアート × 町民アートプロジェクト」なかんじょアートミーティング × 工房あかね アトリエ ART・ON(伊参エリア)


こんにちは。Aです。
町民アートプロジェクトの一環で、イサマエリア、イサマムラ(伊参小学校)の背後にある幼稚園で展示が行われています。
今回は、その展示について紹介させていただきます!

「わがんまアート × 町民アートプロジェクト」では、「工房あかね アトリエ ARTON」をはじめとする様々な団体の中にいる障害のあるアーティストの作品が展示されているます。    
展示されている作品は十人十色で、作品の形も様々です。絵画、書、アニメーション、イラスト、立体など様々な作品が展示されていました。


私は「工房あかね アトリエ ARTON」で作品制作の指導者をしている、前島芳隆さんに話を聞くことができました。前島さんは今回のビエンナーレで現代アートと障害者アートが一緒に展示されることを嬉しいと言っていました。
その一方で、障害者は芸術活動をするときも「障害者アート」や「アール・ブリュット」という言葉で健常者のアートとは区別されてしまうとも言っていました。


現代アートと障害者アート。アートとは一体何なのでしょうか。アートはマイノリティなどによって区別されるものであっていいのでしょうか?それとも区別するべきなのでしょうか。そして、区別しているのは誰なのでしょうか。

自分の中のアートの概念について考える機会にもなりました。

工房あかね アトリエ ARTON ホームページ
Instagram

イサマムラではグッズの販売もやっているようです!


観光情報~中之条ガーデンズ

こんにちは、管理人です。
中之条にはたくさんのきれいなお花スポットがあります。
その中でもビエンナーレ会場から近いのが
中之条ガーデンズ!

ここは入場無料で12万平方メートルの敷地内に
数百種類の植物が季節を彩っています。
https://www.town.nakanojo.gunma.jp/garden/n-gardens/

中でもびっくりしたのがローズガーデン内の
日本庭園風の場所です。
西洋風の庭園から一歩入るとなんと和風の庭園が、そこには↓水!


大きいな~と思ってみるとなんと↓金魚!
たくさんの金魚が庭園の空中(?)水槽のなかで
きもちよさそう~に泳いでいました。
この日は少し曇りだったので秋の訪れを感じた一日でした。

そして、スパイラルガーデンからみると↑のようになっています。
まるで絵画の額縁のようですね。
不思議で面白いスポットでした!



「After the dream,2019」白矢幸司さん(六合エリア 赤岩公民館)

こんにちは、みずです。
今回は白矢幸司さんの「After the dream,2019」をご紹介します。
公民館の中には、くぼみやゆがみをもつ白い球体がひしめき合っていました。
このくぼみは、人と人とのコミュニケーションで他者から受ける
影響をあらわしているそうで、それは陰をつくる一方、
柔らかく優しい印象ももたらすものだといいます。

完全な球体はなく、どれもゆがんで唯一無二の形をもっていました。
その姿をじっと見ていると、親しみがわき、とても愛おしく感じられてきます。
みなさんはいまどんな形の球体でしょうか?これからどんな形になっていくのでしょうか?
ぜひこの場に身を置いて、想像してみてください。