2021年11月15日月曜日

ありがとうございました

 今年も県女生の情報発信プログラムを楽しんでいただけましたでしょうか。

会期後半はたくさん記事をアップし、今年のビエンナーレを見逃さないでほしい!

素晴らしい作品がたくさんあることを皆様にお伝えしたい!と思っていました。


あわせて、町民アートプロジェクトの展示も

お楽しみいただいた方、ありがとうございました。


またお会いしましょう!!


2021年11月14日日曜日

『After the Rain』白矢幸司さん(伊参エリア)

 こんにちは、しばです。今回、取り上げたい作品は伊参エリアやませにある白矢幸司さんの《After the Rain》です。この作品は、土間と板敷全体に水溜りのようなオブジェが置かれています。作者の白矢さんは、外との出入り口、炊事場、暖炉裏を囲む居間、農作業といったような作業場として機能し、ここでは家族の出来事や思い出がたくさんあると考えていて、そんな中で浮かんでは消えた感情と共鳴を思いながら、作品を設置したと言います。



様々な思い出を作ってきたこの空間に配置された水たまりには波紋が広がっています。そこからは、かつては感情であふれていた場所であることを感じました。

『Windgraph-Nakanojo-』鉾井喬さん(中之条市街地エリア)

 こんにちは、ひろです。

今回紹介する作品は、鉾井喬さんの《Windgraph-Nakanojo-》です。この作品は中之条市街地エリアにある旧廣盛酒造の2階に展示されています。「風の痕跡を記録する」という試みをもとに制作された作品で、会場には作品を撮影するために使われた特殊なカメラも一緒に展示されていました。

風は目に見えないものですが、こんなふうに「風が起きた」ということを写真に残すことができるんですね。目で風を認識するという珍しい体験ができました。





2021年11月13日土曜日

『移ろいゆく世界』齋藤寛之さん(中之条市街地エリア)

 こんにちは!

たそです。


今回は中之条市街地エリアにある博物館ミュゼの屋外に展示されている齋藤寛之さんの『移ろいゆく世界』という作品について紹介します。


ふるさと交流センターつむじを抜けて歩いていくと、

美しい作品が展示されています。



地面との接点はほんのわずかで、浮いているようにも見えますが

しっかりとそこに存在していて不思議な感覚を味わえます。

連続する曲線はとても綺麗で眺めていると海の波のようにも見えてきます。



また、博物館ミュゼの常設展示では、

時代ごとに変化してきた私たちの暮らしに関わる展示がされており、

この作品と合わせて鑑賞することでだんだんと変化するものや、時間の流れについて深くゆっくりと考えることができました。



多くのものがだんだんと変化してきましたが、

その中にはきっと変わらないものや変わってほしくないものもあるように思います。

作品とともに、自分の中の移ろいゆく世界についても思いを巡らせてみてはいかがでしょうか?


『実存しているということの証明』実存さん(中之条市街地エリア)

 こんにちは、ひろです。今回紹介する作品は、実存さんの《実存しているということの証明》です。

この作品は中之条市街地エリアにある旧廣盛酒造の蔵一棟を丸々使ったもので、中に進むと床一面にたくさんの「足」が。一瞬びっくりしてしまいましたが、壁を見ると、「足」を持って楽しそうな笑顔をこちらに向ける人たちの写真がずらっと並んでいました。「足」たちをよく見てみると大小様々な形をしていて、それぞれの個性が感じられました。不思議な温かみを感じる作品です。旧廣盛酒造に行ったら、ぜひ奥の蔵にも足を運んでみてください。





『Homespun』ラウス・ルイーズさん(沢渡暮坂エリア)

  こんにちは、フジです。今回は、階段の家に展示されているラウス・ルイーズさんの

Homespun』をご紹介します。

 この作品は、沢渡温泉街の中に展示されています。趣のある温泉街の細い階段を登ると、
階段の家が現れ、そこには、手足を伸ばす、絹でできた大きな繭玉がいくつも展示されています。
作者は、女性職人への関心から、中之条の養蚕の伝統に惹かれ、この作品を作ったそうです。
ふわふわの絹の繭玉から、温かな家庭を連想しました。

また、作者コメントによると、「外出自粛後に待っている新世界のために、変容と、
再び現れる可能性を提案する空間となる。」とのことです。
繭玉から伸びる手足が、自由に外出できる世界を思わせます。





『移りゆく空間へ』山口諒さん(沢渡暮坂エリア)

 こんにちは、しばです。今回ご紹介する作品は、沢渡暮坂エリアの旧沢田小学校に展示されている山口諒さんの《移りゆく空間へ》という作品です。2015年に廃校になった旧沢田小学校は今でも大きな存在感を持って佇んでいます。かつては通常の小学校のように子供たちの活気に満ちていたこの学校も、今は誰もいません。作者の山口さんはそんな状態の小学校が私たちの知らない世界や空間を持ち、語りかけてくれるのではないかと述べています。


ひろめの教室の真ん中に大きめの画面があり、そこには小学校の風景画が延々と映し出されています。



作品からかつての小学校の活気と静けさを感じられ、鑑賞しているときには自分の小学校時代も思い出しました。